冠婚葬祭の助言の受け方

結婚式
国内には冠婚葬祭の会社があり、色々な相談に乗ります。結婚では、結納から新婚旅行まで、葬儀であれば、通夜から一周忌まで種々の相談に対応します。またそして、多々の助言を受けることができ、個人では調べられないことも、専門家によって担当してもらえます。我が国には数多くしきたりなどが、ありますからミスのないよう相談してみるのは良い方法です。冠婚葬祭の会社の雑誌でも、多々の内容を身に着けることも、できます。良くある冠婚葬祭の服装は、大体決まっているものです。

白がメインの結婚式と逆で、葬祭では黒がメインとなっています。その上、喪服には多くのマナーがあり、定番は黒の上下セットで、バックは華美でないものを選びます。またそして、毛皮のジャケットは良いイメージではないため避けるべきです。次に、通夜は予測不可能なものですので、黒の暗めの服で弔問するものです。両方目立たず、上品なものを選ぶ理由があるでしょう。我が国は冠婚葬祭の際、決まっている挨拶があります。
葬儀では、故人の兄弟の人たちに向けて、お悔やみの言葉を申し伝えます。葬儀では、お香典を渡す際このたびはご愁傷様ですや、お悔やみ申し上げますというような決まり言葉があります。故人の親族はとても落ち込んでいて、声もかけられないような印象ですが、親しい仲間の励ましで、少なからず救われると聞いたことがあります。親族を思い、お悔やみを、気持ちを込めて伝えましょう。冠婚葬祭のシーンでは、衣類にも靴にも決まりがあります。特別葬祭での履物は、異なれば雰囲気を悪くします。
葬儀での靴は色は黒をチョイスして、きらきらしたものは避けなければなりません。その上、飾りがついているものも避け、ヒールのパンプスを選択します。ミュールやサンダル、サボなどは無礼であり、まず避けないとだめです。また、悪印象のファーなども、注意しないとならないでしょう。結婚式とは違い、悲しい雰囲気ですので、自分自身の身なりや態度などもよく考えなければなりません。お葬式の時に明るく振る舞われても気持ちがついていけませんよね。故人を思い出すかのように、しんみりとしたモチベーションで参列するようにしましょう。TPOに合わせ、着用するものをその都度合わせましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加