冠婚葬祭で必要な費用

儀式
私たちが避けられない、冠婚葬祭の費用ですが、葬儀も多額の出費が必要です。葬式では、受付をしてくれる人への心付けや、お布施などが要ります。それぞれに、どれぐらい支払うのか、会場の規模や故人の希望でかなり異なります。悲しい中で、葬祭会社に全てお任せでは、後々要らないものもあったとトラブルにもなるかもしれません。きっちりと必要か不必要か見る、力も必須です。

我が国における冠婚葬祭のマナーは、知っておいて損はありません。中でも、お別れの儀式の、葬式マナーは絶対に身に着けるべきものです。たとえて言えば、葬儀には喪服が通常ですが、喪服は黒で、バックは光物は避けます。更に、お香典は新札を嫌い、袱紗に包みましょう。通夜では通夜振る舞いは頂き、また葬式は葬儀、告別式と時間が区切られる場合も多くありますが、世間では両方とも参列するのが常識的です。
葬儀に参列する際には、必ず、香典を持参しましょう。香典とは急な不幸で負担が増えるご遺族の為に、援助の意味と、故人へのお供えという意味が、あるそうです。香典とは金額の目安があり、その額は故人との距離により、おおよそ決まっています。更に、通夜と葬儀の両方とも参列する場合には、葬儀へ香典を渡しましょう。香典の値段は、渡し方などは前もってちゃんとチェックして、参加しましょう。
我が国は冠婚葬祭の時に、おきまりの挨拶があります。葬儀では、故人の兄弟の人に対し、お悔やみを伝えます。葬式はお香典を手渡す時このたびはご愁傷様ですや、お悔やみ申し上げますというような決まりがあるといいます。親族はかなり疲れていて、声がかけられない様子ですが、親しい友人の言葉がけで、少なからず救われるものだと言います。故人を思い、お悔やみを、真剣に言いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加