防犯に役立ってくれる

recommended
色々な方が出入りする建物では防犯対策が重要な課題といえるでしょう。個人会社なら社長一人が鍵を持ってお客様を迎えるだけで話は簡単ですが、近頃の大企業ではそうもいきません。そんな時におすすめなのは入退室管理システムです。パソコンで出入りした人やログを一度に管理するソフトなので防犯に役立ってくれるでしょう。

入退室管理を徹底したい方はこちら

入退室管理を使用すれば安心ですそれではオフィスのどこにシステムを設置するのがベストでしょうか。機密情報や個人情報を管理する部屋につけるのが良いのですが、中でも次の場所へつける事がオススメです。それは通用口・事務室とサーバー室・役員室と更衣室です。どのスポットも関係者意外の人間が出入りしないエリアでかつ最も重要な情報をもつ場所だからです。
個人情報管理のため入退室管理をしたとしても、他人のアカウントを使用して、なりすまして入室することも可能性としてはあります。そこで、なりすましを阻止するためにも静脈認証などによる個人の生体的な特徴を用いてIDを照らし合わせ、個人を特定する生体認証というやり方があります。カード式や、パスワードによる認証と比較して、盗難や偽造、紛失、なりすましのリスクがほぼゼロに近いので、セキュリティを向上させることができるでしょう。何より、個々の生体的な特徴によって認証を行うため、カードなど物理的なID情報を持ち歩く必要がなく、職場側にとっても全従業員分のカードを作ったり登録したりといった煩雑な業務がいらなくなるなど、運用面、管理面でのいろいろな負担が少なくなることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加