取引先からの信用も得られます

security
技術進歩により、情報漏洩の経路が多様となっています。こうした中、セキュリティの対策は最新の技術で対応しなければ、破られてしまうこととなりました。セキュリティ対策では、内部対策と外部対策の両方をする必要が有ります。内部対策はたとえば、社内の紙情報の処理について、溶解するといったものや、社内全体の意識向上などが挙げられます。
一方、外部施策としては、不正アクセスなどの外部からの脅威にセキュリティで応じるといった物です。どちらか一方が完璧なまでに徹底していても、もう一方から簡単に漏洩してしまいますので、外部、内部共に対処しておく必要があるのです。セキュリティ対策について専門の会社も有りますので、相談してみると良いでしょう。

個人情報の流出を未然に防止する為に、入退室管理は最低限必要になります。
社内で漏洩しない様徹底していても、不審者の進入が容易にしまっては、社内情報は非常に危険な状態であると言えます。入退室管理を導入する際にはある程度のコストが必要にはなりますが、情報が漏洩した際の被害を考えると小額になるため、最低限導入して欲しいものです。情報漏洩防止の基本であるこの入退室管理をしていなかった際には漏洩した際に保全措置をしていなかったと言及される可能性もあります。流出した時の会社の被害を考慮するとやはり保護する情報の重要度を考慮した上で、その情報にあったセキュリティ対策を最低限実施する必要が有ります。

システムの複雑化を防げるシングルサインオン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加