お酒が薄毛の原因になる!?

0e7e27209721a4799062e8f2adcb792a_s
薄毛の原因はストレスや食生活、ホルモンバランスなどが挙げられますが、お酒もその原因のひとつだと言われています。

アルコールと薄毛の関係

アルコールは肝臓で分解されてアセトアルデヒドを生成します。
アセトアルデヒドという毒性のある物質は、髪の育成に必要なアミノ酸やビタミンを消費して、無害な酢酸に代謝されます。

アセトアルデヒドの分解が間に合わないと、血液と一緒に体内を循環してしまいます。
また循環することで、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)という物質を増加させてしまいます。
このジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのひとつで発毛や育毛を阻害してしまいます。

大量のアルコールを摂取することで、薄毛の原因にもつながる可能性があるのです。
アルコールの量を減らしたり休肝日を作ったりして、薄毛対策だけでなく体調管理もすることをおすすめします。

頭髪に関する豆知識

薄毛の原因にもなるアルコールですが、ウォッカを美しい髪のために使うことがあるのを知っていますか?
ウォッカはアルコール度数が高く殺菌や消毒の作用があり、ニキビや皮膚のトラブルを改善する効果があるんです。
毛穴の引き締めにも効果があるため、フケを防いだり発毛を促進したりと頭髪にも良いことが沢山ありますので、是非チャレンジしてみてください。

【発毛の促進】

シャンプーとウォッカを6対1の割合で混ぜて洗髪します。

【抜け毛対策】

蜂蜜(小さじ2)、タマネギの汁(小さじ2)、ウォッカ(小さじ5)を混ぜて頭皮に塗り、一晩おきます。翌日の午前中に洗い流します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加