歯の噛み合わせと頭皮の関係

kaminoke_03

歯のかみ合わせと薄毛には関係がある?

歯のかみ合わせが悪かったり噛みしめるクセがあると、筋肉が緊張するため頭痛や肩こり、腰痛などの原因になることは有名です。
あごの筋肉、咀嚼筋(そしゃくきん)やその周りの筋肉が動くことで頭皮も一緒に動きます。
しかし、噛みしめる力が強すぎたり時間が長い場合はあごの筋肉が動かないため、緊張した状態になります。

あごの筋肉が緊張することで、頭皮も動かず血流が悪くなり毛根に栄養が生きにくくなるため、薄毛の原因となってしまうのです。
まずはご自身の頭皮がどのような状態かをチェックしてみましょう。

歯のかみ合わせ、噛みしめるクセを良くするには

歯のかみ合わせを良くするためには歯科を受診し、矯正をしたり被せを変えて高さを調整したりするなど治療を受けると良いでしょう。
噛みしめるクセを直すには、歯科で治療する、普段から噛みしめないように意識する、頬杖をつかない、ストレスをとるなどがあります。

改善したら良くなった!

上記の症状を改善すると顔の筋肉や頭皮の緊張がゆるむため、表情が柔らかくなったり額や頭の形が綺麗になります。
また、頭皮の血行が良くなるため頭皮の環境が良くなり、薄毛が改善されます。
実際に黒くてコシのある髪が生えてきたという方もいらっしゃいます。

薄毛に悩んでいる方は、頭皮や生活習慣だけでなく歯並びや噛みしめるクセについてもチェックしてみる事をおすすめします。
歯科だけでなく、合わせて薄毛治療を受けられるクリニックを受診してみるのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加