トライアル期間を活用して記事検索やクリッピングサービスを役立てよう

記事検索
今や、新聞などから本当に必要な記事を探すのにクリッピング代行や記事検索のサービスは欠かせないものになりつつあります。どういったものかというと、契約したサイトに調べたいできごとやキーワード等を入力して記事の一覧を閲覧したり、毎日の朝刊、夕刊などから設定したテーマに添った記事がファックス、あるいは電子メールで配信されたりするといった、たいへん画期的なサービスです。
新聞をスクラップしてFAX・メールで受け取れます!
今まで大きな図書館に出向いたり、新聞社に問い合わせたりして情報を得ていたことを考えると時間が節約できるだけでなく、ストレスも少なくて済む便利なものなので、無料ではありません。

以上の記事検索サービスは月間や年間で通常では数万円の料金を支払って利用しますが、それでも大量に関心のある記事を収集できるので、金額は割安であると考えられます。では、これらのサービスはどのように申し込むのでしょうか。

サービスへの加入は契約前に数日から1週間程度の無料で利用できるトライアル期間が設けられています。利用者が支払う金額を考えるとサービスや会社選びは失敗できないので当然の処置であると考えられますが、企業の側から見ても利用客に安全に情報収集してもらうための処置であると考えられます。また、このトライアル期間は利用客のカウンセリングも兼ねており、どういったテーマに近い記事を目的としているのか、どのくらいの頻度の利用でどの料金プランが適しているのかを事前に判断する材料にもなります。
トライアル期間終了後にサービス継続を選択することで契約成立となりますが、その際に会社側から利用方法の提案をふまえた連絡があるので、金額、サービス内容は抜かりなく確認しましょう。
情報収集に記事検索のサービスは有効ですが、正しいサービス選びでさらにビジネスや生活に情報を役立てるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加