葬儀場は故人や家族の事を考えて選び、故人を送り出そう

funeralhome
人は生きている以上、いつかはお亡くなりになります。それが、若いうちか年をとってからかは誰にもわかりませんが、その時まで必死に生きて、故人となるのです。残された遺族は悲しみと思い出を両手に抱えて生きていかなければいけませんが、それらを過去のものとして忘れずに生きていくために、お葬式があります。

家族に不幸があってお葬式に直接関わるようになると言う事は誰にでもあります。しかしお葬式でのマナーは一般常識として知っていても、葬儀場の事はあまり知られていません。自分が急に遺族になってしまった時や、参列したお葬式であった故人の家族と悲しみを分かち合ってしめやかな別れを迎えることにもなるので、葬儀場について見ていきましょう。

まず、自宅で葬儀を行う場合があります。最近ではかなり少なくなってきましたが、費用の問題が解決するだけでなく、故人を思い出のある場所から送り出せることもメリットです。しかし、準備や片づけ、書類の手続きや、読経の手配を遺族だけで行わなければならないこともあるので、注意しましょう。
次に公民館や公営斎場を利用する場合です。費用は一般の葬儀場より安く抑えることができ、公営斎場であれば火葬場が隣接している場合が多いので式を滞りなく進めることができますが、地方ではどちらも利用されることが多い施設なので予約に空きがないことが考えられます。また、公民館の場合は規模こそ大きくありませんが、家族葬を希望されてもご近所の方が多く見えられることもあるので、対応に追われてしまうことが多いでしょう。

また、一般的な斎場も葬儀社が経営しているところや葬儀場だけのところもあります。どちらもほとんどは葬儀社が取り仕切るので、遺族は指示を受けて処理をすることで大規模でも簡単にお葬式を済ませることができます。また、交通の便が良い所が多いため、参列者もきやすいことも、メリットです。しかし、費用がかかることや、葬儀社経営の斎場では他の葬儀社との比較ができないなどのデメリットもあります。

また、葬式の形式は個人や家族、一族の宗教の形式で行われます。日本では一般に仏教葬が多いですが、宗派によっては対応できない葬儀場もありますので、前もってお世話になるお寺に相談すると良いでしょう。

生前からお世話になっていたお寺があればそちらにお願いするので構いませんが、お寺にお世話になったことがない方ももちろん居ることでしょう。そうなるとまずはお寺探しからのスタートとなりますが、自宅の最寄りのお寺などを選ぶと良いでしょう。そうすると遠方から見られる親戚などにも場所を伝えやすいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加