合宿免許の選び方をまとめました

83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s

普通免許を取得する場合、自動車学校に長く通って少しずつ必要なカリキュラムをこなしていくのが普通ですが、速やかに免許を取りたいという場合は、合宿で免許をとるという選択肢もあります。

合宿免許の場合、全国にあるいろいろな場所で受付をしています。ですから、漠然と選んでしまうと後悔をすることになります。選び方のポイントとしては、まず部屋です。二週間という期間ですから、部屋が相部屋なのかどうかというのは大きな問題です。
他人のいびきが許せない人は絶対に個室を選ぶべきです。逆に、誰かと一緒にいることにストレスがない場合は、むしろ相部屋の方がいいです。それは、合宿という特殊な環境を共有する関係ですから、親しくなりやすいという利点があるからです。また、相部屋は料金が安くなりますから節約できます。
また、女性は女性専用の寮や、女性専用の階などが用意されているので、男性の隣の部屋になったりということはありませんから安心です。

食事に関してもいろいろあります。食堂が用意されていて、そこでの食費も最初から料金に入っているところや、自炊施設があって、そこで自由に料理をするということになっている場合もあります。当然自炊の方が安いですが、手間はかかるので自由な時間が減るというデメリットもあります。
これも、新しい友人を求めている場合などは、自炊を選ぶとより親しくなりやすいです。他には、食事に関して名物がある地域の場合は、毎日の食事にも自然にそういったものが出てきて楽しめるという利点がありますので、合宿所の立地についても検討しておくといいでしょう。

教官の質については、事前に調べるには口コミサイトを見るくらいしかできないかもしれませんが、威圧的なのか、フレンドリーなのかということは、教習所のホームページでブログがあるかどうか、集合写真があるかどうかなどで判断することもできます。昔ながらの、怒鳴るような教官が嫌だという人は、新しい施設に行くと、比較的現代的なモラルを持った人が多いのでいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加