印刷にはどんなものがあるのか

photo01

ステッカーの印刷会社選びのポイントについて

情報伝達の手段として、法人では、しばしばステッカーを使用しています。ステッカーの利用目的は様々あり、最も身近な事例としてはショッピングなどでの成分表示の為に必要な紙媒体です。

買い物の時に食品を購入する事は常ですが、それにどのような成分が使用されているかを確認可能にする為の紙媒体です。それだけじゃなく、お菓子やお酒などにもステッカーがあるケースが珍しくないです。商品の宣伝の為にそれが貼られている事もあれば、上記のように成分が表示されていることもあります。

さてステッカーの印刷においては、間違いなく用紙を選ぶ必要があるのです。
それには色々な種類がありますが、大きく分ければ2種類になります。耐水性の有無です。ステッカーについてはたまに水分が多い場所で貼られる事もあるのですがそのような状況下では耐水性が発揮される用紙の方が最適な一面があります。その代わり、用紙の料金は少々高い傾向があるのです。特に耐水性が求められないのであれば、非耐水タイプの用紙を利用する選択肢もあります。

またステッカーの印刷においては、糊も重要です。
それには様々な種類があり、中には冷温対応タイプの糊も見られるのです。冷蔵を必須とする魚製品に貼る為のステッカーなどでは、そのような糊が利用されつつあります。また糊の中には、非常に粘着性が強いタイプもあるのです。その強さから、主に屋外に貼るステッカーに用いられている傾向があります。すなわち糊の種類は様々なので、自分の要求に合っている物を選ぶ必要があります。
またステッカーの印刷をするケースには、納期も大事なポイントになってくるのです。得意先からの注文によって、一刻も早いステッカーの完成を要求される事もあります。そのためステッカー印刷会社の選択時には、スピードも大きなポイントになるのです。時間優先注文の場合には、納品の早い会社が選ばれている傾向です。質も必要になりますが、このような業界では、スピードがかなり求められています。

印刷する目的によってその用紙を使い分けよう

様々な準備がある中で文字などの印刷の為には、用紙が必要です。そしてその用紙にも、様々な種類があります。それぞれに異なった特徴がありますので、自分が求めている用紙を用いる必要があります。例えば、用紙に鉛筆を使って書くかどうかという点が挙げられます。鉛筆で書くことが想定されるケースもあれば、そうでないケースもあるのです。そして用紙にも色々な種類があり、中には鉛筆で書きにくいタイプもあります。

用紙の表面に光沢があるものは大部分が、鉛筆書きが困難な場合が多いです。

したがっていずれ鉛筆書きをすると想定がされる時には、光沢が無い用紙を選ぶ必要性があります。

また鉛筆ではなく、油性のマジックを用いる可能性もあります。何らかの事情があって用紙に対して油性マジックで書き込む可能性があるか否かで、選ぶ紙が異なってくるのです。どうしてかというと用紙によっては、油性マジックによる記入の不可能なタイプがあります。前述での光沢がある紙などは、大体油性マジックで記入することが出来ます。
逆に、光沢のない用紙の場合、マジック記入が不可能なケースもあります。ですから、マジック記入をするかどうかにより、印刷の為、選ぶ用紙もある程度限定されてきます。その他にもボールペンの利用可否に関しての違いもあるので、どのような筆記用具を使って記入するかによって使う用紙が絞られてきます。つまり筆記ニーズにより、選ぶ用紙が異なってくるという訳です。そして用紙には、それぞれ向き不向きがあります。
例えば、ポスターを作る為に用紙を選択するケースも珍しくないです。ポスターを作成するのに向いている用紙もあったり、そうでない物もあったり、存在するのです。一般的に光沢のある用紙などは、ポスターには不向きな一面があります。また用紙はフライヤーを作成する為にと用いられる事もありますが、それに向いているタイプとそうでないタイプが存在するのです。このようにして用紙にも様々な種類がありますので、自分のニーズへ合っている物を選ぶ必要がある訳です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加