教育の方法を探そう

教育の習熟度を測るテストをどう捉えるか

親にとっても気がかりで、子どもに教育をしてく上で欠かせないのが、各種テストです。それは短い領域をターゲットにした小テストに始まり、中間テストや期末テストなどの決まった時期に行う受験に備えた模擬テストなどさまざまな種類が挙げられます。これらのテストが教育の過程に含められているのには、しっかりとした意味があります。それは、子どもたちに順位をつけることで順位づけをするためではなく、子どもたちの理解度を測るために行うものです。

テストを行うことにより、子どもの理解度を測ることが可能です。教育者からすれば子どもに丁寧に教えたつもりになっていたとしても、それを子どもが正しく理解できているとは限りません。

また、子どもも理解しているつもりでも、実際テストを受けると間違ってしまうという場合がよくあります。試験をすれば、どこが理解できていてどこが理解できないかを正しく知ることが可能です。

それを認識することができれば、次の教育において何をすれば良いのかその建前が定まります。事実にはたくさんの子どもたちを同時に教えるわけですから、そのすべてにきめ細やかな対応ができるわけではないです。ただ、それでも限られた時間の中で効率よく子どもを教育していくためには、テストを使って子どもの理解度を測っていく必要があります。

ですので、良いテストの問題というのは、子どもの理解を正しく測れるような問題のことを言います。

そして、テストの点数については良いに越したことはないですが、たとえ悪かったとしても落ちこむことはありません。それは教育の過程といったものであってすべての結果といったわけではないのですから、テストの得点が悪くてもそこから追いつくことを目指せばよいのです。テストで点数の上下が明確を分けるため、その優劣ばかりについつい目が向いてしまいがちです。しかしながら、教育におけるテストの存在は理解力の確認であるということを考え、子どものさらなるステップアップを目指すために行われるべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加