教習所の資格の取得にかかる期間について

自動車免許を取るには、自動車教習所に通う必要があります。免許を取得した人の話によると、合宿に参加して取ったため1ヶ月以内で取れたという人もいれば、半年近く教習所に通って取得したという人もいます。

教習所に通う期間は人それぞれです。その原因として教習単位とコマ数の関係があり、どの程度の単位を取得しているかにより、通う期間も変わりうることが理由になります。

自動車教習所で学ぶことは、自動車の運転を実際に行う技能教習と、学科教習として座学が行われています。

普通自動車の免許のマニュアル車だと、技能教習は34時限、学科教習は26時限の受講がノルマです。オートマ限定の場合、技能教習は31時限、学科教習は26時限となります。1日に受講する教習を増やせば、ごく短期間で教習所を卒業できるのですが、そうはいきません。1日あたりに受けられる教習単位が定められているのです。

学科教習については何コマでも受けられるようになっていますが、技能教習については仮免許取得までの第一段階につきましては1日に2時限まで、路面教習が行われる第二段階からは3時限までと、受講コマ数が制約されているのです。マニュアル車ですと、技能教習の第一段階は15時限、第二段階は19時限となっています。最短時間でこの技能教習こなした場合、第一段階に8日間、第二段階に7日間の期間が要り、合計で15日間の期間がかかることになります。実際には、この間に仮免許の試験が行われおまけに教習所の休校日も挟むことになります。

したがって普通に教習所に通学すると、最短でも20日以上の期間が必要となります。

しかし、これよりも教習所に通う期間を短縮することもできます。郊外の宿などで合宿しながら教習所に通う合宿プランだとマニュアル車で16?17日程度、オートマ車で14?15日くらいの期間で教習所を卒業できます。でも合宿免許では、技能教習だけではなく学科教習にしても受講スケジュールがぎっちり詰め込まれることになるため、注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加