ネームタグのオーダーメイド

ネームタグはオーダーメイドすることでさまざまな表現ができます

ネームタグとは、個人の名前やブランド、企業名などの名前が入って製造責任を表すような札のことです。個人だと、自分の名前を書いて鞄や持ち物などに付けることで、自分のものであることを表明したり紛失防止などに役立ったりします。

ネームタグには織ネームとプリントネームがあります。織ネームはタテ糸にヨコ糸を織り込むことによってネームを表現する物で、素材の組み合わせなどで高級感を出したり、オリジナリティーを出したりなど表現をする幅も広がります。また織り方でも最新技法やクラシック技法までさまざまな表現方法が織る事で表現できます。織物の独特の厚みや手触り感があるので、一流のアパレルなどでも重要なパーツとして使われることも多く、織ネームが付く事でよりグレードがアップになることもあります。プリントネームの方は、素材などにインクで直接印刷した物であり、色彩が豊富なのと細かい表現や文字の印刷がしやすい特徴と、織ネームよりも安い値段で作られる事が多いので、大量発注などを考える時にはコストダウンになります。ただ印刷だと厚みがない分、重厚感に欠けてしまい織ネームよりかは表現も簡素になってしまいがちです。

ネームタグは企業などが自社製品につけるためにオーダーメイドしたり、個人が自分用にオーダーメイドしたりと、他との区別をするために取り付ける事が多いので、自分独自の特別注文になる事が多いです。価格の方も注文する数量やサイズ、素材、印刷などの加工内容、刺繍、などによっていろいろと幅があります。

今ではインターネットから注文して送ってもらえるなどの個人でもネームタグを気軽に作ってもらえるサイトが増えています。デザインなどもあらかじめ簡単なネット操作だけで作れたりもするので、初めての方でも楽しみながらオリジナルのネームを作る事ができます。小さいお子さんのお名前を可愛くタグに入れて作ると自分の持ち物だと分かりやすく親子で楽しめます。このように企業から個人まで多くの利用がされているので、生活の中にすっかり溶け込んでいる物のひとつです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加