男性の7割が包茎

男性
男性だけの悩みの元に包茎というものが存在します。包茎については真性包茎や仮性包茎、カントン包茎などがあり、医学上は真性包茎が包茎と言われます。小さい時は、当然包茎であり、医学的に正常な状態です。第二次成長期になって包皮の剥け方に違いがあるようです。子供でしたら包茎と言われる状態で問題視することは無いのですが、高校生がスポーツの後の入浴時などに仲間に包茎と面白がられたりしてしまうと心配事となり、父親にも言えずに悩み事を持ってしまうことになるでしょう。

包茎は男性なら持っている悩みの中でもかなりポピュラーな頭痛の種です。日本における男性の7割が包茎という事実があります。改善する方法や治療法を求めるという人が後を絶たないのです。包茎であるならば自尊心が傷つくと感じる人もいますし、体の症状によっては体に悪影響を及ぼします。そもそも、小さかった頃の亀頭と包皮はくっついていてその包皮が成長するとともにペニスの根元へ引っ張られるようにしてめくれあがっていくのです。
そして亀頭が出てくるようになっていきます。しかし、過度のマスターベーションや誤ったマスターベーションが原因で、包皮が本当ですとめくりあがるところ、そこの度合いが、小さくなってしまうのです。これが包茎であります。欧米で子供のころに受けた「割礼」という儀式を「ナチュラル・ペニス」(仮性包茎)へと戻すケースが増加してきています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加