包茎というのは、男性にとって家族や友人にも話すことができない苦しみです | 包茎に悩む男性諸君へ!

包茎というのは、男性にとって家族や友人にも話すことができない苦しみです

包茎というのは、男性にとって家族や友人にも話すことができない苦しみです。包茎で悩める生涯を送るならいっそのこと包茎手術を望む方も増えているそうです。けれども、執刀を遂行することにとても心配を抱いている方も少なくないと思います。しかし、この頃では、治療技術も向上しており、若年層にとって包茎手術は気安い存在になっているようです。信頼に足る診療所での治療を推奨します。社会人になる前に包茎手術を決意しました。あんまり気にする事もないかもしれませんが、さすがに心配になってしまいやるなら時間の余裕のある今しようと決意しました。初めに看護婦に見せないといけないのが恥じらいがありましたが、仕方がありません。

午後にはすぐ手術する事になってちょっとぶらぶらして午後に病院に帰りました。塗るタイプの麻酔後に注射で麻酔したので痛さも全くなく施術が終えました。1ヶ月程度は自慰等しない方が無難なようで、暫く禁欲生活を過ごしてました。その後は普通に生活でき、自信がもてるようになって、手術して本当に良かったです。日本人のほとんどの男性が仮性包茎と言われてます。海外では生まれた頃に包茎手術をする事が多いです。宗教上の理由があるようですが、どちらかといえば習慣のようです。最近では少々酷いと言われて見直す人も多いようです。ただしほとんど利点がないとはいえず、病気にかかりにくいというような調査もあり、アフリカなどの性病の感染が多い地域では包茎手術をする事を奨励しています。他に綺麗に保てるの利点があります。

男性の場合生まれてすぐ包茎手術をする習慣がなく、ほとんどの人は包茎だと思われます。仮性であればあまり問題もありませんが、カントン包茎や真性包茎の場合は衛生面や機能を考えると手術をした方が良い場合が多いようです。泌尿器科で手術をした場合のみ保険適用になるそうです。ただ術後の仕上がりを考えると専門のクリニックの方が安心だと思います。値段はかかりますが、生きている限り毎日目にする部分なので、綺麗にしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加