自分らしさを出すオーディション|オーディションの知識を得よう

自分らしさを出す対策を練ってオーディションを通過しましょう

憧れの気持ちを形にするため芸能人になりたかったり、ミュージカルの主役になりたかったり等でオーディションに応募する人達が絶えませんが、十分な対策が取れないままに臨んでしまった結果として不合格になってしまう事が多いです。しかしながら、これは仕方が無い事でしょう。それまで横並びが良いとされる環境で育ってきているからです。他の人と同じである事が良い事であったので、無意識のうちにその様な感じに振舞ってしまうのはある意味では自然の成り行きと言えるでしょう。

これからオーディションで良い結果を残したいと思っているのなら、本来の考え方を大きく転換しなければいけません。

これは意識してそうしなければ変える事は困難でしょう。単に他者と違っているというだけではいけません。明らかに他の人達よりも優れていると審査している方達に思ってもらう必要があるのです。そのためには何をするべきか常時考えるようにしましょう。

この時のポイントは相手の立場になるというものです。昔から多様な場面で使われている言葉なので、皆さんも聞いた事があるかと思いますが、実際に真剣になってこれを実践している人達はそう多くないはずです。

まず容姿がある程度恵まれているのが望ましいのですが、これは先天的な影響が大きいために、どうする事もできない箇所ではあります。それに関しては仕方が無いとしても、それ以外には幾らでも努力をして改善する事が可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加