オーディションの服装選び|オーディションの知識を得よう

オーディションの際は自身をアピール出来る服装がベストです

夢を自分の手でつかみ取るために、オーディションに参加するのであれば、基本的には自分に似合った服装で第一印象を整える事が望ましいです。明るめのカジュアルを着てオーディションに参加したり、合格にあわせた格好で参加したりする事を心掛けます。周囲の人と比較して審査員を引き付けるために派手な格好や煌びやかな格好で参加せず、年齢相応の服装で参加する事を意識して、己の内面を忠実にアピールする事が重要です。

実際に第一印象は大切ですが、見た目で審査員に対して周りよりも注目させる事を意識しないで、自分の価値を主張します。

主催者などから特に指示が無いのであれば自分で決めても良いが、モデルなどのオーディションの場合は見た目が傾向ですので、女性の場合は短パンなどが指定されるケースもあります。オーディションの面接を受ける前の対策は、事前に専門店などで購入する場合は試着をしながら決まっているかどうかを確認します。試着してサイズが大きすぎるものや、小さく着づらい服装は避けます。

面接の場では会話を行うだけではない場合が多いので、演技を実施する場合もある事を考えて、ある程度動きやすい洋服をセレクトした方が良いです。

基本的に学生は私服で参加している人が多いですが、社会人などが参加する場合は普段着ているようなスーツを着ても構わないです。注意点として私服などに目立つ汚れが無いことを確認したり、しわが寄っていたらアイロンなどで伸ばしておいたりする事を心掛けます。第一印象をアピールするためには洋服のみではなくて、体の線などの部分も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加