オーディションは演技力で勝負|オーディションの知識を得よう


女優のオーディションを勝ち抜くには演技でアピールすることが有効です

厳しさが容易に想像できますが、舞台演劇またはテレビドラマ、映画作品やビデオ作品などへ出演するための女優オーディションは、女優として生活するための戦いの場です。女優として1度でも名を売ることができればその後しばらくはオファーが舞い込んでくるかもしれませんが、実際にはそうでないほうが圧倒的に多いです。必然的に有名女優へのオファーばかり殺到してしまい、そうでない女優は少ないオーディションへのチャンスをモノにするしかないのです。ただし、そう考えている女優は枚挙に暇がないほどいっぱいいますので、その競争倍率は非常に高くなってしまいます。

そんな中役を勝ち取れるかどうかは、考え方次第では非情さがなければいけません。他人に役を取らせることなく自分が勝ち取るということは、それだけ自分をアピールしていくということです。そうしてキャスティングをする立場の方に対して非情なくらいにアピールをしていけば、選択されやすくなるのは間違いないです。女優として大成するというのは、それだけ周囲に対して嘘をつけるということです。

もとより演技をするということは虚構の世界にどれだけ入り込めるかなのですから、あまりにも真っ当で常識的な人間では全然通用しないです。また、もちろん演技のテクニックについても地道に学んでいく必要があります。それは教えられるようなことではないかもしれませんが、それでもテクニックはどうしても必要になってきますから、それを覚えていればオーディションで有利になるはずです。

もともと持っているものだけで勝負して芽が出ているくらいならとうの昔にそうなっているはずで、そうじゃないならその現実を受け止めて演技のテクニックを磨いていくことも、女優として大成したいなら必要です。後はオーディションの数をこなすことです。それができれば演技に安定感が表れてきますから、その方向にどれだけ努力できるかが女優人生を決定付けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加