オーディションの写真のポイント|オーディション前に知っておきたいこと

オーディションに使用する写真の選び方について

写真の撮り方の中で、オーディションの折の写真は、指定されている状況で撮るのがルールです。顔なのか上半身なのか全身写真なのかその全部なのか、エントリー用紙と共に同封する写真の指示があるはずですので、それを厳守して対応すべきです。写真1つのこととは言えど、応募の条件を満たせないと、それだけで選考外になることもあります。自由に写真を撮って、その中からよく写っている写真を選ぶという方式ではなく、必ず応募規約に目を通した上で条件に沿った撮影を行っていきましょう。

写真の撮り方以外の、ポージングやアイテムの利用の指示も同様です。指示を満たすことが前提条件であり、それをクリアして初めて写真の質についての議論に移ります。基本中の基本ながら、写真はピンぼけでなくきちんとピントの合った、くっきりとした写りのものを選ぶように心がけます。場合によっては画質が良すぎて、顔色が暗く見えるなど、ちょっとぼやけているのがいいと思うことがあるかもしれませんが、ぼやけて写っている写真が正しい評価をしてもらえるはずもありません。

顔色や見た目の問題はメイクでカバーし、写り自体はしっかりした写真を選べるように心掛けてください。

写真の画質はカメラの性能にも関わるところですので、オーディションに対する応募に備えて、性能の優れたカメラの用意が推奨されます。影があったりしわが見えたり、写りが気になっても写真の加工はNGです。

オーディションのときは、ありのままの自分で応募するのが何よりも大切なこととなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加