有名人になるまでの厳しい道|オーディション前に知っておきたいこと

オーディションや合格後のレッスンの厳しい現実について

今は身近に感じられる存在になりましたが、俳優や女優を教育するためや、アイドル養成のため、歌手養成のため等でオーディションを開催することは珍しくありません。オーディションの第一次審査から勝って、最終的に合格を手にするのは並々ならぬ努力と苦労があります。今はオーディションもインターネット経由の応募が可能になったので、幅広い年代層で応募者が増えています。オーディションで最終審査まで勝ち残り、合格を勝ち取るというのはとても至難の技です。

そんなオーディションにおいては、もし仮に最終的に合格を勝ち取ってもそこがゴールではありません。

合格者にはその後にレッスンがいっぱいあり、実際に俳優や女優デビューするための養育、歌手デビューをするための養成があります。このレッスンも優しいものではありません。基本的にオーディションに受かったという事は、これからプロの世界でやっていくという事になります。もちろん、レッスンでの先生もプロであり、これまでのような半端なことは許されません。徹底的にデビューに向けつつ準備し、その上でプロとして通用するようなレッスンが待っています。

俳優や女優養成のための講習であれば、演技指導は当然のことながら、まずは声の出し方や歩き方などから指導されることがあります。プロとして仕事をする上ではメディア対応も必須と言えるので、本業以外のメディア対応についても習うことがあります。歌手デビューに対するレッスンであれば、とにかく基本的な歌の練習や声の出し方等をレッスンします。歌にしろ、演技にしろ、急激に上手になることはありません。

時間をかけてだんだんに自分の物にしていくのですが、レッスンの中身は簡単な物ではありません。

そんなわけで、たとえオーディションで合格しても、レッスンの内容が辛くて結局デビューを諦める人もいるくらいです。それくらい、プロとして成功するというのは甘いことではありません。しかしレッスンで苦労しておくことで、後々プロとして活躍するための基礎ができ、さらに精神的にも成長するということができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加