オーディションに合格するコツ|オーディション前に知っておきたいこと


オーディションの面接を上手くこなすためのコツについて考える

どのような面接でも言えることですが、オーディションの面接で面接官に良い印象を与えるコツとして、基本的には魅力のあるイメージで参加する事を心掛けて、質問に対してはっきりとした返答を行う事です。待合室で待つ場合は周りを不快にさせないように心をリラックスさせて待機する事が基本で、大きな声で話すことは慎むべきです。

役を演じるにあたっては、近年は表情や感情などの豊かさが求められる傾向です。無表情のままはっきり受け答えをそつなくこなす応募者よりも、時々笑みをこぼしながら受け答えを行う応募者を歓迎します。

答える内容も重要視されますが、感情豊かに答える事で審査員には良い印象を与えます。

オーディションでの面接は、自分をアピールするための紹介から始まる事が多いです。自分を知らなければ選考に値する価値があることを正確に審査員の人に伝えられないので、事前の対策として自己分析をちゃんと行って、自分の価値を認知しておく事が必要です。周りが驚く特技を修得したり、教養のある趣味など日頃から身に付けておいたりします。

オーディションの面接が始まる際に場合によっては、入室後に特徴的な演技を求められたり、配役とかになりきった状態で大きな声で台詞などを言ったりするケースもあります。入室の際は緊張する人が多いですが、緊張のしすぎでは自分を出し切れないので、入室の際から自分を出し切る気持ちを持っておく事が大事です。書類に基づいていろいろな質問を行いますが、質問に関して書類に書いた事を朗読しないで、具体性を踏まえつつ自己PRを行うと印象が良くなります。

審査を行う場合はさまざまな質問が終わった後に、応募者の特技を見るため、身に付けている特技の披露をさせる流れになっています。選考をする場合に魅力のあるステージを行ってもらって、他の人には持ちえない魅力的な特技などで己の個性をポジティブにアピールする事を心掛けます。後は、自分の強みは何かを整理して自分の演技に乗せることができれば受かりやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加