オーディションの基本的な流れ|オーディション前に知っておきたいこと

オーディションの基本的な流れについて考える

テレビに出ているアイドルに憧れて俳優や声優などになりたい方は多いですが、参入できる場は限られているので必ずやオーディションなどによって厳選されていきます。オーディションはこの他にも養成所や事務所所属などさまざまな場面で実施されますが、一般的なオーディションの流れはほとんどの場合同じです。

まずオーディションでは書類審査により応募者が厳選されます。ここでは年齡や性別など基本的な確認事項の精査が行われ、二段階選抜という意味合いの強い審査になります。

しかしながら、応募者数が極端に多いオーディションの場合にはこの書類審査も狭き門となり、特技や経歴などの光るものが無い場合には突破が難しくなります。加えてこの書類審査は写真による審査も兼ねているので、俳優やアイドルなど見た目が重要な職業の場合には特に厳しい審査となります。

その後は書類審査から二次審査へのフローとなりますが、このステップで事務所やオーディション会場など対面での審査が行われます。

基本的にアピールタイムや質疑応答などが行われますが、大規模なオーディションでは二次審査でも書類審査と同様にチェックを行い、後で行なう三次審査以降に繋げます。ほとんどのオーディションではこの三次審査を行なう段階で演出家や事務所関係者など最終的な決定に携わる人物が関わってくるので、アピールチャンスとして大事な場面になります。実際俳優などが受けるオーディションでは、主役には落ちた例でも三次審査で演出家などの目に止まり別の役を獲得したというケースは多いので、気を抜かずに審査に挑むのが大切です。

先述のように書類審査から二次審査三次審査という流れが一般的になりますが、その後は関係者による審議を行います。これらの期間はオーディションの規模や緊急性によって色々ですが、その後は合格者へ事前に通知されることも多いです。合格者へ事前通知した後にホームページなどで参加者全員が閲覧できる合格者発表が行われ、最終合格者の氏名や所属が発表され、オーディションは終了します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加