オーディションに適した服装|オーディション前に知っておきたいこと

オーディションを受けるとき適した服装があります

自分らしさは常に大事にすべきです。オーディションに参加するのであれば、基本的には自分に似合った服装で着飾り第一印象を整える事が望ましいです。明るめのカジュアルな服を着てオーディションに加わったり、合格にあわせた格好で参加したりする事を心掛けます。周囲の人と比較して審査員を引き付けるために派手な格好や異様な格好で参加しないで、年齢相応の服で参加をする事を意識して、自分の内面を忠実にアピールする事が重要です。

間違いなく第一印象は大切ですが、見た目で審査員に対して他の応募者よりも目を引かせる事を意識しないで、己の価値をアピールします。主催者などから特に指示が無い限りは自分で決めても良いが、モデルなどのオーディションの場合は見た目が傾向ですので、女性の場合は短パンなどが指定される事もあります。オーディションの面接を受ける前の対策として、事前に専門店などで購入の場合は試着をしながら良く見えるかどうかを確認します。試着した時サイズが大きすぎるものや、小さすぎて着づらいものは避けます。

面接の場では会話を行うだけではない場合が多いので、演技を見る場合もある事を考えて、ある程度動きやすい洋服をセレクトした方が良いです。基本的に学生が参加する場合は私服で参加している人が多いですが、社会人などが参加する場合は普段着ているようなスーツを着ても構わないです。注意点として私服などに目立つ汚れが無いことを確認したり、しわが寄っていたらアイロンなどで伸ばしておいたりする事を心掛けます。第一印象を宣伝するためには洋服だけではなくて、体の線などの部分も大事です。

特にモデルなどはスタイルを重視しますので、きれいなスタイルを維持する事を考慮して普段の自己管理を徹底します。見た目が良いスタイルを維持し、服装を見栄え良くするためには魅力のある体のラインが重要です。審査員に魅了するボディラインを整えるためには、日々の生活習慣に徹底して、ストレッチなどの運動で良質な体のラインを作り上げ努力する事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加