声優のオーディション事情|オーディション前に知っておきたいこと

声優のオーディションに関する事情と合格のコツを考える

出演する声優を決める場合は、オファーによって決まるケースも中にはありますが、声優のキャスティングは通常はオーディションで決められています。出演依頼がない限りは大ベテランの声優だろうと、駆け出しの新人声優であろうと、オーディションでキャスティングが決まっていきます。オーディションは普通誰でも参加することができますので、たとえ声優の養成所を出ていなかったとしてもいきなりキャスティングされるといったこともあります。

声優が活躍するための道筋については厳密に決まっていることではありませんので、オーディションに合格してキャスティングされ、その作品がブレイクとなって仕事が増えるということもパターンとして十分あり得ることです。

主にアニメ作品の声優オーディションを受ける折、いかにしてそのキャラクターになり切れるかどうかが不可欠なポイントになります。ライトノベルやマンガが原作ならばその作品を何度も読み返し、キャラクターを自分の中で育て上げます。それはみんなが認める客観性を絶対残しておかなければなりませんし、それに加えてもっと自分ならではの個性を込めてお芝居をしましょう。

そして、それをすべて声に集約させるということが大前提で、そのぜひがオーディションの結果を決めます。

また、まだ新人でオーディションの経験が不足している場合だと、場の空気に圧倒されてしまって実力を発揮できないというケースがあります。それを乗り切るにはオーディションをただただ受け続けるしかなく、それによって緊張を力にすることができます。

しかし、それができたとしてもスタートラインにやっと立てたという状態で、たくさんの作品をこなしてきている他の声優より優れたお芝居をしなければ、オーディションでベストな結果を残すことは難しいです。つまり成功を目指して声優は日々オーディションに受かるため努力を積み重ねているのです。興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加