人の心に強く残る特技の披露|オーディションを考えているアナタへ


特技をオーディションで披露して自分を覚えてもらいましょう

オーディションはしばしば行われていますがオーディションに顔を出すということは、特技を見せることも多々あると思います。もしかしたら、よくというよりはほぼと言ったほうが良いのかもしれません。しかし、特技といっても何を披露すればよいのか分からない、得意なつもりだけども特技と言っていいのか分からないと思っている人も少なくありません。解答についてですが、特に正解があるわけではありません。確かに、世間があっと驚くような特技を持っている人もいます。しかし、そういう人ばかりではありません。

特技と言えるような特技を持っていない人だっているのです。特技と言ってしまえば、何でも特技になってしまうのです。他人が絶対にやらないことでも良いのです。

オーディションというのは、自分を印象づけるための場所です。思い切って、変わったことをやるといったことも当然アリです。今とても有名な芸能人の人でも、個性的な特技を披露した人はたくさんいます。

一番やらないほうが良いと思われることは、周りの人とかち合ってしまうものでしょうか。ダントツで上手ければ問題ありませんが、少しばかり上手いくらいだと印象がなくなってしまいます。しかし、他の人がしない特技を披露すれば、それだけで審査員の記憶に残ることが多いです。もちろん勇気は必要ですが、そこは当たって砕けろという気持ちで挑んでください。

特技というと立派な物をやらなければならないのではと思いがちですが、結局は自分がどう思うかではなくて、審査員がどのような判断をするかです。普通の特技は皆が考え付くので、飽きられてしまうことでしょう。

だからといって、おかしなことをしては悪い印象を与えかねません。言ってしまえば、変わったものをやるということは一種の賭けでもあります。しかし、オーディションという場ですので、賭けてみても良いとでしょう。どんな特技を披露するのかは個人の自由です。自分を信じ、思いきり披露してください。そして、審査員にしっかり自分を覚えてもらってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加