オーディションで実力を出すコツ|オーディションを調べよう


オーディションのコツは実力を出せるように練習を重ねることです

実力を発揮できていない人の方が多いですが、オーディションのコツは実力を出し切ること、といってもウソではないです。実力が出ず、悔しさを噛み締める人が多い反面、ベストを尽くし思い残すことはないと考える人は少ないといった事実が、ベストを出すことの難しさを如実に表しています。あの時いつもみたいに出来ていれば、といつまでも女々しく後を引かないためにも、オーディションに向けて対策を練っていくことが重要です。
審査員が目の前で評価をしている中、日々の練習とは全く違った環境の中で、いつもと同じだけの実力を出せるかが運命のカギを握ります。いつも同じだけの実力を発揮出来るようにするために、練習が意味を持ちます。

ベストの状態が、百回に一回出てくるラッキーな状態にあるならば、オーディションという一回きりの舞台でそれが出せるはずもないのです。何回も何度も同じ練習を繰り返して、百回に一回を十回に一回に、果ては常に高いクオリティの技を見せることが出来るよう努めましょう。
技術と共に、実力の出方を左右するのが精神面の動きです。オーディションの感じに、征せられてしまうようではいけません。

通常通りの品質を見せるために、いつも通りの平常心で舞台に向かうように自分の感情のコントロール手段を覚えましょう。肝心な場面で緊張してしまう原因には、いろいろな原因があります。自分に対しての自信のなさもその一つです。自分で自分を否定せず、己の力を信じることが緊張に打ち勝つ第一歩となります。

いきなり自分を信じろというのも難しいかもしれませんが、意識して気持ちを切り替えていくのが大切です。練習の時から積極的に人の前に出たりして、人からの評価が自信になることがあります。
オーディション前日はおいしいものを腹八分目に食べて、よく寝て体調のいい状態で本番に挑めるようにしましょう。コツさえ意識して実力を自在に出せるようになれば、オーディション等恐れるに足りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加