オーディション時の服装|オーディションを調べよう


オーディションでは服装選びがとても重要です

いろいろなオーディションを受ける際に、重要なポイントの1つとして挙げられるのが服装です。服装は第一印象を決定づける大きな要素になります。そのため、オーディションを受ける際にはいくつか注意しなくてはいけないことがあります。まず1つ目は、どのようなオーディションを受けるのかという目的です。モデル、アイドル、ミュージカル、声優、俳優等芸能活動を行うジャンルはさまざまですが、まずは自分がどこを目指しているのかを考えます。そして併せて考えるのが、相手にどのような印象を与えたいのかということです。例えば、元気で明るいキャストのオーディションに、暗いイメージで参加しては、制作側の思惑とは全く異なることになります。思惑が異なるという印象を持たれてしまうことにより、オーディションの合格は遠のいてしまいます。やはりイメージや第一印象のアップは非常に重要視されるので、自分の応募したオーディションがどのような物で、何が望まれているのかということを考えて、服装選びを行う必要があります。

2つ目に大切なことは個性です。オーディションという改まったイベントという思いが強くなり、普段着ないような洋服を着たり、化粧が濃くなったり、髪形を急に変えてみたりすることがありますが、これは完全にアウトです。初めて会う面接官の方達は、応募者がどのような人間で、何ができるのか、自分達の目指すものに最適なのかといった視点で採点を行います。清楚なイメージを求めているにも拘らず、あまりにも派手な服装で行ってしまったとなると、全く趣旨が異なるため、合格は程遠いものになってしまいます。普段の自分を如何に出せるのか、他人と違う個性はどういったものなのか、そういった点をアピールすることが重要です。オーディションの目的や出演する作品のイメージ、求められているものを考慮して、できるだけ清楚に明るく見える服装がベストだと言えます。その上で、自分の個性を活かすようなコーディネートができれば、一番良いと言われています。

最後の注意点は控えたい服装です。前述したように、服装の与えるイメージは第一印象では絶大です。そのため、万が一悪いイメージがついてしまったら、どんなに経歴が素晴らしくても、頑張ってレッスンを重ねていても、そんなことは全く関係がなくなってしまいます。そこで気をつけたいのが、派手と地味です。顔を明るく見せる効果があることから、明るい色は好まれることが多いですが、あまりにも派手な服装は良い印象を与えません。デザインも同様で、過激な物であったりすれば、そういったマイナスなイメージを簡単にもたれてしまいます。またあまりにも地味な服装の場合は、暗いイメージを持たれてしまいます。明るく、自分の意見をはきはきと述べることができ、笑顔が素晴らしいというのは、どこの世界の面接でも同じ基準です。あとは無造作なジーンズ等も気をつける必要があります。役のイメージがそのようなカジュアルな物であれば話は別ですが、通常はジーンズのようなラフな格好での参加は控えた方が無難です。

第一印象と言うのは非常に大切です。短い時間で自分という人間をわかってもらうには、マイナスのイメージを持たれた時点で、非常に不利になります。特に芸能活動を行う芸能界は、見た目が勝負です。汚い、暗いといったイメージはご法度です。そのような印象を持たれないためには、やはり清潔で明るい服装が重要です。後は笑顔です。服装は良くても、当の本人が非常に暗い顔をしていたり、笑顔が全くないとなっては、これもやはりマイナスの要素となります。数多くの応募者の中から発掘してもらえるように、基本的なことを基本的に行え、個性豊かなキャラクターとして顔を覚えてもらうことがまず重要です。そこに自分の経験してきたものや自信を加えれば、いろいろな意味で自分という人間を覚えてもらえるきっかけになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加