デビュー後も変わらぬ努力が必要|オーディションを調べよう

オーディションに合格しデビューしても変わらぬ努力が必要です

昔から変わらないですが、いつの時代もアイドルや俳優、女優、モデルを目指す若者は多いと言えます。スカウトがきっかけで仕事を始める場合もあれば、自らオーディションを受けてデビューする人もいます。自分自身がモデルや俳優になりたいと夢見ているならば、オーディションをたくさん受けて、合格するまで頑張るというケースも珍しくはありません。けれどどの世界でやっていくにしても、オーディションを勝ち抜くことはそれほど簡単ではありません。
モデルであれば容姿はもちろんですが、身長やスタイルはもちろん、いかに服や小物をきれいに見せることが出来るか、という表現方法も求められます。

また俳優であれば演技力はもちろんですが、場合によっては歌唱力も求められます。その人の容姿や体格は合否の重要な判断材料ですが、その人の生まれ持つオーラというのはオーディションに関してとても重要です。オーラというのは何か訓練をしたから出るものではなく、その人の空気感そのものを言います。そのためある意味生まれつきとも言える才能です。

しかし、そういった神通力を持った人でさえ、オーディションに受かっても実際にデビューするというのは簡単ではありません。デビューするまでに養成所に入る必要があり、訓練の時間があることもしばしばです。またデビューが出来たとしても、その後は自然に消えていく人も本当に多いです。
それくらい華やかな世界で生き残るというのは難しいことなのです。

まずはデビューが目標ですが、実際はデビュー後どうしていくか、ということが大事です。オーディションに受かり、養成所で過ごし、無事にデビューしてもその後活躍出来るかどうかはもちろん本人の努力もですが、周りの環境にもよります。周囲の人に応援してもらえるような人格づくりも必要ですし、仕事がない時でもかわらぬ努力をするスタンスが後々評価されます。いつだって切磋琢磨し続ける世界は厳しいものがありますが、けれどそれでもオーディションを受けてデビューしたいのなら努力をしなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加