子役への道|オーディションと私

養成所に所属して子役オーディション合格を目指そう

芸能界入りする年齢には幅がありますが、物心つかない頃から芸能界を志す、または親の夢で芸能界入りを目指す場合には早期から俳優養成所、あるいはプロダクションに所属していることが重要です。当然、芸能界という特殊な世界で花を咲かせようとするなら、常にその業界の近くにいる必要があるからです。これは、子役としてデビューする場合だろうと一般の俳優であろうと、もしくはミュージシャンや舞台俳優を志す場合に関係なく同じようなことがいえると思います。
まずは子役として俳優養成所あるいはプロダクションに所属して、親と子役を目指す芸能界とはどんなところかを知るところが重要になります。

突然、オーディションに応募したとして書類選考の時点で落選することが続出するかもしれません。逆に素人でこのようなオーディションに書類選考で通ったとしても、技能試験や面談においてどのような課題があるかもわからないのであれば、対策のとりようもないです。
こういった俳優養成所や芸能事務所であれば、業界の人脈やどんな感じのオーディションがあって、どのような流れでメジャーデビューを果たすことが出来るのかをしっかり把握しているわけです。

ここで子役本人の適正や長所、短所をしっかりつかんだ上で、最初は芸能界で生き抜く力があるのか、または本人のやる気の有無を確認してからオーディションに応募してみて下さい。そして次に子役としてのオーディションは特に親を含めプロダクション側の思いが強いこともあって、子役本人の思いがどうなのかがうまく反映されないことが沢山あります。
実際に実力や適性があっても本人のやる気や本気度がゼロならばもちろん、継続した活動は困難です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加