映画の配役オーディション|オーディションと私


映画女優になるにはオーディションに合格しなければいけません

オーディションの種類には、ミュージカルや、オペラ、劇や映画、ドラマなど数多くのものがあります。また、その形式も、公開のもの、非公開のもの、個人面接やグループ面接といったさまざまな種類があります。多くのオーディションの主な流れは、書類審査、2次審査であり、大規模なものはそこからさらに第3次審査や最終審査などが続く場合があります。しかし、多くの場合は、2次審査の面接でだいたいの合否が決まると言われています。オーディションをこれから受けようとする方も多くいると思いますが、まずは2次審査にせよ、第3次審査にせよ、とにかく最後の審査まで残る必要があります。最終候補に残るということは、最後の1人に選ばれなかったとしても、さまざまなチャンスが与えられることが多くあるからです。実際、現在活躍しているタレントの中にも、オーディションで最後の1人には選ばれず、最終選考で落選した人もいます。

映画のオーディションは、映画の出演者を決めるためのものです。俳優、女優になるためには、主に3つの方法があり、事務所に所属すること、自らオーディションを受けること、スカウトされることがあります。まだ、駆け出しの俳優、女優にとって、映画に出演するためには、スカウトなどされない限りは、積極的にオーディションを受けることが可能性を高めるため必要です。俳優、女優になるためのオーディションには、芸能事務所に所属するためのものと、配役を勝ち取るためのものの2種類に大きく分けられます。大きくて有名な事務所のオーディションであれば、全国からかなり多くの人が受けにくるので、倍率も必然的に高くなります。映画やドラマにおいても、主役などの配役では、一般公募でのオーディションではなく、芸能事務所向けのオーディションで決めることが多いです。主役などになりたい場合は、まずは芸能事務所に配属されるオーディションを受け合格し、事務所に所属する必要があります。芸能事務所に入ることが可能になるオーディションと、配役を勝ち取るためのオーディションは似ているようですが、求められるポイントはそれぞれ異なります。芸能事務所に所属するためにあるオーディションにおいては、他の人にはない自分だけのポイントをアピールすること、審査員の印象に残ることが必要です。一方、配役を特技などで勝ち取るためのオーディションでは、その役に自分があっているということをアピールすること、作品の一部であるという自覚を持ち、自分をアピールしすぎないということも心がける必要があります。

オーディションに合格するために必要なことも、それぞれで異なります。事務所に入るためのオーディションでは、気になる事務所がどのような人物を求めているかという情報をしっかり把握し、自分のイメージやアピールポイントと合った事務所を受けることが必要です。一般的には、その人にしかない独自性や、今後ののびしろについて、判断する事務所が多いです。一方、配役を自分で勝ち取るためのオーディションにおいては、求められている配役に、自分があっているかどうか、ということが合格のポイントになってきます。つまり、受ける配役に自分自身のイメージに近づき、合わせていくことが必要です。場合によっては、髪の毛を伸ばしたり、切ったり、髭を生やしたり、服装を変えることも考えられます。

どちらのオーディションを受けるにしても、面接において自分をアピールする時間がありますので、その時間でどれだけ、審査員の印象に残るか、ということが重要です。他の参加者がしないようなことをやってみたり、とにかくインパクトのあることを行うことが大事です。現在、活躍している多くの俳優や女優も、なかなかオーディションに受からずに、苦労した人もたくさんいますので、1度や2度受からなかったと言ってあきらめず、試行錯誤を重ねながら、何度も挑戦していくことが、映画に出演するためには必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加