歌で勝負のためのデモテープ|オーディションと私

デモテープを作りオーディションへ参加しよう

売り込むことは難しいです。自分が音楽の道をとことん極めていきたい、将来的にはシンガーソングライターを目指したいという目標を持っているのは素晴らしいことです。自分のしたいことが評価され、更にみんなの前で熱唱するのは爽快であり、やりたいことを仕事に出来るというのは幸せなことです。とはいえ、現実的には自身をどのようにして売り込むことが出来るのかということが大きな問題といえるのです。

歌に自信アリとしても、曲づくりが出来るスキルがあったとしても、その業界内にいる人の目に留まらなければ職業としてやっていくことは出来ません。そのチャンスをつかむための手段として、デモテープオーディションに応募することが可能になります。何とかして自分の自信作を担当のディレクターの審査の中に少しでも入るようにするチャンスを得るようにしてみることなのです。
オーディションとはジャンルが幾つも分かれているもので、例えばシンガーソングライターのものや、バンド関係のもの、そしてクラブミュージック部門などがあります。

新人を育てるためのスタッフがいて、そのような人達がテストしていくのです。デモテープが出来たのであればそれで勝負するような形になるのですが、それはディレクターの耳にほとんど届かないものとなってしまうことさえあります。
それで自分自身としてもそのスキルを向上していかなければなりませんし、何度もデモテープを送りオーディションを受けることが避けられないのです。

人の才能というのはわずかなことで開花する場合がありますし、それがあるのに上手に表現出来ないために埋もれたままになってしまうことさえあるのです。そうした人達が最終的にメジャーデビューということになるためには、デモテープをどのようにつくるかということについて様々なスクールや自宅で出来るオンラインでのものもあります。スキルのある人達に少し教わることで良いデモテープが出来上がり、自分の才能を最大に表現出来るようになれば、デモテープのオーディションで担当のディレクターの印象に引っかかるようになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加